プロペシアのジェネリックの評判を目にして、使って満足した

遣いをやりくりしながらプロペシアを服用

遣いをやりくりしながらプロペシアを服用プロペシアのジェネリックがある!

23歳の晴れた日、外出先でショーウィンドウに映った自分の姿を見てショックを受けました。
その時のヘアスタイルは、真ん中から左右に分けていたのですが、分けた部分の生え際がしっかりとショーウィンドウに映っていたのです。
明らかに髪の毛の量が減っており、額が後退していることを痛感させられる出来事でした。
両親の家系は共に薄毛のため、自分の薄毛も避けて通れない道だとは思っていたのですが、20代で実感するのは早すぎると気分が落ち込みました。
それから自分なりに育毛剤や発毛剤などを試してみました。
どの薬剤も最低3〜6ヵ月の継続利用を推奨しているため、続けるか止めるのか、違う薬剤を試すのかは、時間とお金を要しました。
近所の薬局などで販売していない薬剤などはインターネットを利用して購入したりもしました。
家族に知れるのも抵抗があったため、配送の営業所留めにして取りに行ったという涙ぐましい努力もしました。
ある日、テレビのCMでAGA(男性型脱毛症)の治療が、医療機関で出来るようになったとの情報を目にしました。
近所の病院に行って知り合いに見つかるのも嫌だったため、隣町の病院に出かけて診察を受け、AGA(男性型脱毛症)の診断を受けてプロペシアを処方して貰いました。
次回は2週間後に受診、その次は1ヵ月後に受診と繰り返し、最大3ヵ月分の薬を処方して貰いながら、内服を続けました。
1錠当たり約300円するので、診察代も含め、1ヵ月当たりの治療費は約10,000円かかり、継続するためにはきつかったです。
何とか小遣いをやりくりしながら約2年程度内服を続けましたが、髪の毛は現状を維持するだけで、増えるということはありませんでした。
このままプロペシアを続けるか止めるかを悩んでいる時に、もっと発毛効果の望める薬はないか、インターネットで検索してみました。

プロペシアのジェネリックの効果は?ジェネリック・正規品はプロペシアやED治療薬通販のジェネナビ(薬の虎通販)